Fuel50

自律と成長を促進する次世代型キャリア開発プラットフォーム Fuel50

■Fuel50とは
Fuel50は個人の価値観や強みの見える化・キャリアパスや社内メンターのAIレコメンデーション・キャリア開発計画の策定・1on1支援・リアルタイム360°フィードバック・社員間コラボレーション・パフォーマンスマネジメント機能などを備えた次世代型キャリア開発プラットフォームです。

Fuel50は2014年にニュージーランドの女性組織心理学者2名によって開発されました。欧米ではタレントエクスペリエンスという領域で最も成長しているキャリア開発プラットフォームで、現在は12ヵ国語に対応し、全世界80社以上、Fortune500の50社以上で利用されています。

「Fuel」は「燃料」を、「50」は「大きな変化を応援する」という意味で、社員一人ひとりの価値観や強みの見える化と、パーソナライズされたキャリア開発計画の策定と実行を通じ、社員の自律と成長やポテンシャル発揮を促進します。

ブログ: Fuel50社CEO アン・フルトンインタビュー(インターネットラジオ 「人事セントラル・ステーション」より)
ブログ: タレントエクスペリエンスとは?

図2


■Fuel50の適用領域

Fuel50は、全社員を対象としたキャリア開発プログラムやパフォーマンスマネジメントへの適用に加え、新入社員を対象としたオンボーディングプログラム、マネジメント/若手リーダー層を対象としたリーダーシップ開発プログラム、個別職種の社員を対象とした人材育成プログラムなどへの適用が可能です。

■Fuel50の機能
個人の価値観や強みの見える化(FuelFactors™)

<価値観の見える化>図4
・カードゲームのような直感的な操作で、通常内面化している個人の価値観や仕事への動機づけ要因(キャリアエンゲージャー)を見える化

・自律と成長の根本となる自己認識を促進すると共に、社員間で共有することにより相互理解を促進

ブログ:価値観や動機づけ要因を見える化する意味について(※近日公開)

 

<強みの見える化>図1-2
・仕事上で自分自身ができることや得意なこと、またその学習ニーズをスキルマップを使って見える化

・各企業で保持している役割等級/職務等級基準やISO力量表などをスキルマップとして活用

・プリセット可能な社会人基礎力スキルマップや営業職スキルマップを活用も可能


図2-2

キャリアパスのAIレコメンデーション(FuelPathing™)
・個人毎にパーソナライズされたキャリアパスをAIがレコメンデーションし個人主導の自律的なキャリア開発を促進

・自身の価値観・動機づけ要因や強みを踏まえ、AIアルゴリズムが社内における役割要件とマッチング

・キャリアパスと現状とのスキルギャップを見える化し、ギャップを埋めるための行動案を提示

 


キャリア開発計画の策定と管理(FuelGoals
™)図3-2
・FuelFactors™やFuelPathing™で見える化した価値観・動機づけ要因や強み、キャリアパスを踏まえ、働く目的(パーパス)やパーソナルビジョンを明示化

・FuelPathing™で表示される行動案も踏まえキャリア開発のための行動計画を策定し実行状況を管理

ブログ: パーパス(働く目的)とビジョンについて(近日公開)

 

図4-2


1on1
支援/マネジャー向けダッシュボード(FuelLeaders™)
・メンバーのプロファイル情報や自動表示される離職リスクをリアルタイムで確認

・対話(1on1)のコメントの記録に加え、対話のきっかけとするための質問集が表示されマネジャーをアシスト

 

 

 

リアルタイム360°フィードバック(FuelFeedback™)図5-2
・任意のタイミングで同僚・部下・上司からフィードバックを受けたり、フィードバックを実施することが可能

・フィードバック結果を自己評価と他者評価との差異や、時系列での推移で表示することにより社員のキャリア開発をサポート

 

 

社員間コラボレーションの促進図6-2
<キャリアプロファイル(Career Profile>
・社員間でお互いのプロファイルを検索し相互理解を促進

<メンター登録・検索(FuelMenters™)>
・自身のメンター候補を検索したり、自身に合うメンターをAIがレコメンデーション

<社内副業の登録・検索(FuelGigs™)>
・社内副業プロジェクトの登録・検索・応募が可能

ブログ: 社員間コラボレーションによる創意工夫や価値創造の創出について(近日公開)


パフォーマンスマネジメント(
FuelPerform™)図7-2
・組織の成果を達成するためのビジネス目標やアクションの設定と進捗状況をモニタリング

・マネジャーがメンバーのビジネス目標やアクションをカスケードし進捗管理することも可能

 

 

 


タレンタがスポンサードしているインターネットラジオ「楠田祐の人事セントラル・ステーション」にて、Fuel50 Inc. CEO兼共同創業者 アン・フルトンへのインタビューが2020年4月15日に公開されました。
当日のインタビュー内容のリーフレットのダウンロードはこちらから。